MENU OPEN
  • HOME
  • お役立ち情報
  • 「ボストン型メガネ」レトロ感漂うセンス抜群のメガネシェイプ その特徴と魅力を解説

BLOGお役立ち情報

「ボストン型メガネ」レトロ感漂うセンス抜群のメガネシェイプ その特徴と魅力を解説

ボストン型とは?

ボストン型メガネは三角形を逆さにして、角に丸みをつけたスタイルのフレームシェイプです。天地幅(レンズの上下幅)が広く、柔らかさと優しさを感じさせる形状で、性別年代問わず掛けられる人気の形。クラシカルな雰囲気を持つボストンメガネはファッション感度の高い人におすすめのフレームです。お洒落と実用性を兼ね備えた定番メガネの魅力に迫ります。

ボストン
時代を超えて人気のボストン型 お洒落メガネシェイプの代表格です
ソリッドブルー

似合うお顔の特徴

四角顔

四角顔 ボストンメガネ

レンズの縦幅が広く丸みの強いボストンタイプは、直線的なお顔のフェイスラインを柔和にしてくれます。

逆三角形顔

三角顔 ボストン

アゴに向かって細くなる顔型のシャープさを更に強調することなく、柔らかい印象を与えてくれます。

▼関連記事
顔型別、似合うメガネの選び方。これだけ知れば大丈夫!実は簡単なメガネ選びのシンプルなルールとは?

ハスキーノイズ

ボストンメガネを掛けた時の印象

ラウンド形状に近いボストン型は適度な丸みのある角があるため、柔らかく優しい中にも上品で知的な印象を与えてくれます。
ビジネスシーンでは、信頼感ある真面目な印象で、且つ親しみ易さを与えることのできるおすすめの形状です。
プライベートのシーンではカジュアルはもちろん、モード系ファッションにも合わせられるオールマイティなコーディネートが楽しめます。

▼関連記事
「ラウンド(丸型)、多角形メガネ」メガネで個性を出したい方にピッタリのフレームタイプとは?

ボストン型メガネ フレーム種類別、掛けた時の印象

①フルメタル

ボストンのメタル
杉本 圭 KS-151

フルメタルのボストンタイプは穏やかで優しい雰囲気になります。同時に知的で親しみやすく、品の良い感じをさり気なくアピールすることができます。

②セルフレーム(プラスチックフレーム)

ボストンのセル
ソリッドブルー S-196

角や直線が無いメガネだけに、穏やか、温和といった印象になりますが、メガネの存在感とカジュアル感は格段に上がります。ビジネスシーンよりは、普段着におしゃれアイテムとして取り入れると良いでしょう。

③ナイロール(ハーフリム)

ボストンのナイロール
BCPC BP-3294

フルメタルと同様の印象になります。フルメタルより主張は少なくなるので、メガネで素顔の印象を大きく変えたくない方にお勧めです。

④ツーポイント(リムレス)

ボストンのフチなし
ボストンクラブ MICK

メガネを掛けてる感は大幅に減りますが、品の良さや知的な印象といった特徴はしっかり印象付けることができます。

ボストンメガネ
ボストンメガネ

メガネのパーツ(部品)の名称とフレームの形状による印象やデザインを解説

男性におすすめのボストンモデル4選

①ソリッドブルー(S-257)

ソリッドブルー
ブラウン/ホワイトゴールド

ボストンシェイプにエッジ感を加えたフロントは、オンオフどちらにも合わせやすい万能フォルムです。

②杉本圭(KS-126)

杉本圭
ブラウンササ/トパーズ

人気のボストンタイプのコンビネーションフレームです。
お洒落なツートンカラーもあり、女性にもおすすめのフレームです。

③ジャポニスム sense(JS-150)

ジャポニスム
Kuriiro – Usukihada

リムに幅のある強度リムを使用したボストン型のメタルフレーム。
それぞれ個性的なカラーリングを纏った、鍛造製法による鎚目模様をテンプルエンドとブリッジに施した職人技が光るこだわりのモデルです。

※鍛造製法とは、金属を加熱圧縮して形成する技法。一般的な鋳造の2倍の強度があると言われています。
※鎚目模様とは、上記で記した鍛造製法の工程の中でハンマーを打ち付けた際にできる跡を敢えて味わいとして残した模様のこと。

④ジャポニスム sense(JS-149)

ジャポニスム
Yanagi – Ginnezumi

ブリッジとヨロイに段差を付けた奥行きのあるコンビネーションモデル。
ボストンタイプ特有の柔らかい玉型シェイプが温かみを感じさせます。

女性におすすめのボストンモデル4選

①オリバーピープルズ オマリー(OV5183)

オリバーピープルズ
エスプレッソ グラデーション

オリバーピープルズを代表するモデルのひとつ。少し小さめにデザインされたシェイプがクラシカルで上品な印象で掛けられます。男性にもおすすめです。

②ハスキーノイズ(H-207)

ハスキーノイズ
ローズササ-ピンクゴールド

 薄いアセテート素材のインナーリムを採用したコンビネーションフレーム。
ヨロイやテンプルにも丸みを持たせ、フレーム全体を柔らかな雰囲気に仕上げました。

③ハスキーノイズ(H-204)

ハスキーノイズ
ライトブラック-ホワイトゴールド

やや大きめサイズのボストンシェイプを艶消しのシックなカラーリングでまとめ、落ち着いた雰囲気に仕上げました。

④ベセペセ(BP-3294)

ベセペセ
オリーブ-キャメル

太めの角線を使った存在感のあるナイロールフレームはブリッジのシェイプが個性的。
リム正面のペイントは上下で2トーンカラーにしてバリエーションを持たせています。

▼関連記事
ボストンとウェリントンの融合 オリバーピープルズの伝説的ビンテージメガネとは?

まとめ

お洒落でクラシカルな印象のあるボストンタイプは、定番のメガネシェイプとして息の長い人気を誇ります。
現在レトロフューチャーでセンスの良いメガネシェイプとして人気が再燃。ボストンタイプをお洒落に着けこなしている俳優やミュージシャンなどをテレビやSNS等で見る機会も多いと思います。
自分の魅力を更に引き出してくれるアイテムとして積極的に取り入れて行きたいですね。
ご紹介した商品以外にも、ブランドによってフレームの印象が変わりますので、正統派ブランドを厳選したセレクトショップ一真堂飯田本店でお気軽にご試着してください。

ハスキーノイズ
安藤幸治